So-net無料ブログ作成
検索選択

喪主になってわかったこと ④ [生活]

深夜となったの打ち合わせ、

葬儀社の方が死亡届や火葬場の予約や待合室の手配を代行して下さり、

告別式の予定は、火葬場と精進落としの会場が空いている時間に

合わせて決めることとなります。

お昼にあわせた時間は精進落としの会場が一杯で

午後一時からの告別式となりました。 

火葬場までお付き合い下さる人数も把握しなくてはなりません。

死亡診断書を社員鈴木さんにお渡しし、死亡届をしていただきます。

埋葬の時必要な死亡届は、

のちに骨壺の袋に入れて置いて下さり

死亡診断書のコピーも数枚とって渡してくださいました。

この辺りの事務手続きは代行して下さり、

後の除籍謄本には届出人が喪主の私になっていました。 

 

次の日は朝から妹達と家で、親戚、知人、友人への連絡業務です。

それから、お付き合いのある僧侶

(日蓮宗だったのでお上人〈おしょうにん〉さまというらしい)

神棚に紙で目隠しをします。

母の部屋のハガキや連絡帳を出してきます。 

受付は親族ではだめとのことで受付もお願いしなくては・・・・・・

といったことも頭に浮かびつつ、 

妹が母の電話帳の端から電話をしようとした時 、

「受付はご近所のお世話になっている方に頼もう・・・」とひらめき、

とにかく相談に行くと、その方が「受け付けお手伝い」の声かけと

「自治会関係」の連絡を全部して下さった。

ご近所力に感謝です。 

なので私たちは母の友人関係お稽古関係に専念する事ができました。

直接お電話する方、遠方等々でお葉書を出す方、

姉妹で相談しながら連絡したり連絡をお願いしたり。

お上人さまに連絡し、

もう考えてもわからないので戒名などなど

金額も直接聞いてしまう。

とにかく何でもお尋ねしてしまう作戦しかなく、お上人さまから、

そのとき四十九日のお話しもあり、

土日に越したことがないので、墓地に四十九日法要の式場の予約をし

(それでもベストな時間は埋まっていた) 

やらねばならないことはたくさんあります。

葬儀社が、やるべき事の詳しい小冊子を下さるのだれど

周囲の助けで、式関係の事は進んでいきました。 

老人会(みんなバリバリ)の方から、

地元から会場までの送迎のバスはどうなっているかとの質問があり

送迎のバス?????というわけで葬儀社にお問い合わせました。

一台48000円の二往復の二日・・・・・・・おお、二十万・・・・・・

でも出すものらしいので、お願いすることにすると会の方が交渉にあたって下さり、

待ち合わせ場所の手配から当日も様子をみて

二日目はなくて大丈夫と直接葬儀社と連絡をとってくださいました。

皆様のおかげで何とかお葬式は出来そう。受付も4.5人いて下さったが、

引っ越してきた当時のご近所さんばかりで、70才以上の方も多く

たいへんありがたく申し訳なく思いました。 

お手伝いの方々への気持ちばかりのお礼のポチ袋に

「ありがとうございます」のカードを妹が書いて入れました。 

これも足りなくならないように多めに用意しました。

供花へのお花(15000円、20000円)も受け付けさせて頂き、社員鈴木さんから

「頼んだ方からちゃんと頂いて下さいね」と助言をうけ、

準備の二日間は、慌ただしくすぎて、お通夜になってしまったのです。 


喪主になってわかったこと ③ [生活]

この先、大変お世話になる事となった葬儀社の社員鈴木さんが後で話して下さったことには

病院の霊安室で私たちを見た時、いままで会った施主さんの誰よりも

私達の顔が全員真っ青で驚いた。とのこと。

式の途中で何度も大丈夫ですよと声をかけてくれたのは

そのせいだったと後で思いました。何かと気遣い下さり感謝です。

(急に喪主になった私には納得の感想ですが、後に妹に話したら、

みんな色白だからそう見えたんじゃない?とクールに答えた) 

葬儀社は独立した3つの式場をもっていて、

その中でも地下から3階までの独立式会場を薦められました。

そして、そこは20年前に66才で亡くなった父の式を行った場所でした。 

打ち合わせの中で「自治会の役員をやっていませんでしたか?」ときかれ、

その時は、特にないと思います・・・・・と答えました。

役員をやっていると会葬者が多いということらしいです。

このときの社員鈴木さんの問いが、あとで良くわかることになるのですが。 

基本料金などの説明をうけ、料理やオプション、香典返しを選びます。

妹がお稲荷さんや巻物も食べたいといったので

料理代が少し安くなったような気がしました。

大トロ追加じゃなくてよかったです。

時間があったらしゃれた料理がでる会場なんて考えたかもしれませんが

もう、それどころではありません。 

寿司桶やオードブルをテーブルにうまく配置できる量+追加もOKとのこと。

(本人も周りも急な事だったので葬式代の心づもりもなく時々クラクラしました) 

祭壇や棺や骨壺のカバーの色、写真の額縁の色、選ぶものがいろいろ。

今は白ばかりではないのです。白、紫、ピンク、青・・・・・

他に湯灌コース、古式コース、メイクコースとエステみたいなコースもあります。

メイクだけお願いしました。

ちなみに夫の地元でお葬式に出席したとき、

湯灌は映画のように納棺師(女性二人) が、儀式を行い驚きました。

特にオプションをつけなくても納棺は普通に行ってくださるのですが。

香典返しは、余ったら引き取って下さり、ハガキは50枚単位で増刷。 

葬儀の細かいあれこれを担当鈴木さんと決めていきました。 

それから葬儀までの二日間、怒濤の準備が始まりました。


喪主になってわかったこと ② [生活]

私たちがまず必要だと思ったのは、通夜・告別式を行う斎場です。

この日、当番だった葬儀屋さんは隣の市の式場を持たない葬儀屋さんでした。

専業主婦だった母ですが、お付き合いもたくさんあったので、

家族だけでの葬儀ではなく一般的な葬儀が良いと思っていました。

姪が電話で公営の斎場や火葬場の状況を調べてくれました。

火葬場は、友引お休みくらいの知識はあったので、火葬場の予定も大切。 

(火葬場や精進落としの部屋の手配は葬儀社が行ってくれるのですが)

 公営の斎場は次の週まで一杯でした。

次に斎場を持っている葬儀社をいくつかあたってみました。

(姪っ子の仕事ぶりに感心)

夜も更けてきましが、葬儀関係の所は、公営でも私企業でも電話がつながります。 

病院の当番の葬儀屋さんも、とても誠実な方で相談に乗ってくださいました。 

結局、地元では良く名前の知られた葬儀社にお願いすることにし、

当番の葬儀屋さんもここなら大丈夫といってくれました。

(当番の葬儀屋さんは病室から霊安室まで運んで下さるが料金は発生していない) 

そして葬儀社から担当の鈴木さんが来てくれました。

病院の霊安室に翌朝までいることも不可能ではなかったらしいのですが、

(病理解剖するならそこにいなければいけなかったわけだし)

他の方もお亡くなりにならないとは限らない・・・・・・

霊安室の相部屋は、あまり考えたくないです。 

家は、母が元気で帰ってくる時のために母のベッドのものを洗濯し

乾かないものを部屋一杯に広げたまま。

そして、いくら深夜近くでも、だれにも見られずに家に入れるだろうか。

ご近所さんを、まだお騒がせしたくないし、私も対応できる自信はありません。 

なので、葬儀屋さんの黒い寝台車に乗せていただき、

縁のあるところや仲良しのお宅の前、我が家の周りをまわってもらい

葬儀社に行くことにしました。

葬儀社には小さな独立した畳の部屋があり、家にいるように寝かせていただき

お線香を上げる台や座布団が用意されていました。 

葬儀社に預かって頂くイコール冷蔵庫の部屋と思っていたのですが、

その葬儀屋さんでは、しばらくの間は、家に帰ったと同じように安置して下さっていました。 

そこで、もっと長く一緒にいてあげられたのに、その時は気が回りませんでした。 

それから事務所で打ち合わせが始まりました。

 

この日の夕食はどうしたのか思い出してみると、 

夕方から長引くことが予想されたので、おにぎりやパンが買ってあり、

病院の霊安室で少し食べました。 

病院では整形外科の担当医もお線香をあげに来てくれましたし

霊安室を出るときには、

担当ではない看護師さんでしたがお二人、見送って下さいました。

もしあの時、気づいていたらと思う事もあり

あまり思い出したくないのですが

若いお医者さんが誠実だったのが救いです。 


喪主になってわかったこと ① [生活]

のんびり過ごしていた夏休みも半ばを過ぎた頃、

母が膝を怪我して入院、そして一週間後、亡くなりました。

予期せぬ出来事でした。

怪我で片足をギブスで固定していた為、血栓ができ

肺に詰まったのかもしれないと考えられるものの

はっきりしていません。

怪我と言っても損傷したのは膝のお皿だけ、

これがエコノミック症候群だろうか・・・ 

急なことで未だに信じられないけれど、経験したことを書き留めておきたいと思いました。

 

その日、病院には妹に行ってもらい、私はプールにいったりしていました。 

母は病院で急に倒れ、心臓マッサージを長くして下さったものの夕方、中止しました。

危篤になってから、私たち姉妹とその家族が集まり、

時々医師が説明に来てくれていました。

当日、整形外科のICUには、母一人だけで、亡くなった後、

若い看護師さんが、

「お着替えをしましょう。またお気に召していた髪飾りなどありましたらお付けします」

といって下さった。

80歳過ぎの母に、また今どき流行っているとは思えない「髪飾り」が不思議な気がしました。

入院時は、パーティで膝をついて転んだ帰りだったので、お気に入り洋服が置いてあり

お着替えさせて頂き、とてもありがたく思いました。

妹と荷物をまとめ、使わなくなった薬などは、看護婦さんが捨てて下さるとのことでした。

さりげない心遣いを感じました。

原因は、はっきりわかっていないので病理解剖のお話がありましたが、辞めることにしました。

突然の出来事だけれど、すぐに今後の事を考えなければいけません。 

一家で母の養子になる予定で(昔でいう家を継ぐ)同居したものの、

まだ具体的に籍をいれるなどしていず、長女の私が頑張らなくちゃと思い

それから緊張の日々が続いています。 

ICUから病院の霊安室まで運ぶのは葬儀屋さんの役目でした。

その病院では、月替わりで当番の葬儀屋さんがいらっしゃるとのこと。 

有無もいわず最初にお世話になる葬儀屋さんはどんな会社なのだろうか、

不安な気持ちになりました。

ICUからストレッチャーに移動した母は葬儀屋さんの車で、

私達は歩いて病院内の難しい経路をたどって霊安室まで移動しました。 

霊安室は、病院のはずれだったけれど元宿直室なのかもと思われる建物で、

祭壇の続きには畳の部屋があり、みんなで座って相談できる時間もありました。


プールとブライス [生活]

仕事も学生なみに長い夏休みになりました。収入なしなのに遊んでばかりの夏です。

今の職場は充実しているので不思議と夏休みも心安らかに過ごせます。

水中ウォーキングは週2~3回、夏のプールは充実していて楽しい。ただ歩くだけではなく筋トレやストレッチを水の浮力や抵抗を利用して行います。 

8割の方は私より年上で、長く通っている方が多く、とにかく笑いながら楽しく時は過ぎ・・・(1時間のレッスン)ほとんどの方が腰痛やなんだかの理由があってのウォーキング、体型も会話も柔らかで丸い感じ。

対照的にプールの半分をバリバリ泳いでいる方々もいらして、こちらも年齢層は高いけれど、皆さん体型はスマートで向上心のかたまりで雰囲気が全く違う。

共通しているのは、プールに化粧は御法度、かんかん照りの昨今、長袖、帽子サングラスにマスクと皆様かなりの完全防備でやってくるので水着になるまで誰だかわかりません。 

DSC01522.JPG 

久々のカスタム、電動のルーターと紙やすりで。もっと唇をぽってりしたいのだけれど難しい。

DSC01524.JPG

薄くなっていた頭頂部に植毛、初めての植毛は思ったより簡単だったが、少しずつ植え付けるこの方法で全部植毛するとしたら手間はとってもかかると思った。

DSC01527.JPG

パステルで色付け。エアーブラシは未経験。パステルを定着させたいが削ったあともきれいにしたい。プラスチック用コンパウンドをどう使うか、ちょっと思案中。結局、Mr.スーパークリア頼み・・・・・

DSC01528.JPG

オリンピックの開会式をみていたらブラジルカラーになってしまった。アイギミックのバネを壊してしまったので部品が届くまでお休み。唇は淡くしておくつもりがつい塗ってしまった。唇は削っていくのも塗るのも難しい。 


こわごわ自分のブログにアクセス [生活]

あまりにご無沙汰で気になっていたものの

近づけなかったブログ。 

旅の記録は残しておこうと思ったのに、それすら書いていません。

久々に、自分のブログにたどり着いて良かった事にしておきましょう。

相変わらずブライスさんに慰められ、フィギュアスケートyoutubeやニコ動、Dailymotionでみています。

心臓の調子については、書くと長くなるのでいずれ。

プールでのウォーキングや簡単な筋トレも始めました。 


私的、ブライス入手 [ブライス]

 今どきは、アマゾンやヤフオクで何でも買えそうですが・・・・・そこでは、モノの値段や素性がばらばらです。

☆定価は?

ブライスの版権やライセンスアメリカのメーカーがもっていて、

作っているのはリカちゃんをつくっているタカラです。

代官山にあるジュニームーン(渋谷大阪にも関係する店舗あり)は、正式なショップです。 

通販もあります。

こちらでは、運が良ければ、そして種類を問わなければ直ぐに手に入る可能性もあります。

他にはブライス・トップショップといっている、ライセンスをとっているお店や

タカラトミーのショッピングサイト。 この辺りをみれば、定価らしきものがわかります。

☆少しでもお得に? 

トイザらスのサイトで買うと割引があり送料無料、ヨドバシカメラのサイトではより割引があります。

(ヨドバシで買うと輸送箱に入ってこない、輸送箱には番号が入っている。これが重要かどうかは

私にはわかりません。) 

お得感のあるこれらのサイトで買ってみたいとずっと思っていたけれど、見るときは常に売り切れでした。

DSC01291.jpg 最近すこしコツがわかったのとブライスさんの価格が高くなったようで

(発売の度に価格は様々で、化粧や目の色、服、装飾品が違うので、はっきりしていないけれど)

以前より予約しやすくなりました。お財布的には逆ですが。

 ジュニームーンのHPでは新発売の子を3ヶ月前にイラストで発表、

2ヶ月前に最終仕様として実物が出来上がり写真が載り、店頭予約日がわかります。

その頃には、他のショップでは予約が一杯になっています。

トイザらスやヨドバシではイラストの段階で予約しないと、売り切れになる可能性が大です。 

☆安くはないのに・・・・・・

ブライスさん、どうも製品にムラがあるように思います。

先日も、見た目はわからなかったけれど内部で膝関節が折れているのを発見 。

その子は元々腰関節もゆるゆる、目のチェンジもカチカチという音なし・・・・・・

早く膝の関節に気づけば取り替えてもらったのに、ずっと足を曲げなかったのでわかりませんでした。

以前、足から針金の先がたくさん見えていて交換してもらったことがあります。

正式に購入しても必ずしも直ぐに開封しなかったり、膝をあえて曲げて点検しないし、

腰がゆるゆるくらいは交換しようとは思わないし(この点は相当の割合で発生するので交換してくれないかな)

カスタムするからいいやと思ったり・・・・・なんだか少し麻痺している私です。 

☆もしかしたら・・・・・

最初の頃は、ググって地方のショップから買ったことも、あります。

デッドストック的ブライスさん、今は滅多にないかと思います。

一度やけに安くて日本語がおかしいサイトがありました。

どう考えても怪しすぎます。

メモリアルなどで、とても貴重で高値をよんでいるブライスさんは偽物もあるようです。 

今はジュニ-ムーンのNEWSをチェック、イラストが発表されてから

しばらくしてヨドバシやトイザらスをチェック、で メモリアルのものでなければ買えるようになりました。

もう増やさない、メモリアル(抽選で外れてしまい買えないことが多い) だけにしよう・・・

と思いつつ、予約をいれてしまう私です。

「後で、やっぱり欲しいと思った時、簡単に買えない」 売り手の戦略にまんまと引っ掛かっているのかな。 

ヤフオクでも無開封のものは時間が経つにつれて高くなっていくようです。 

☆補足

カスタムしたものやヴィンテージ(最初にアメリカで発売された子達)は、新発売とは違い

取り扱っているお店やコレクターさんや作家さん、ヤフオク等々 で入手かと思います。私は、カスタムとヴィンは持っていません。

カスタムは自分でチャレンジしたいし、ヴィンテージは、魅力的ですが可愛い写真でがまん。 直接触れたこともないと思います。 


ブライスって、どうやって買うの?と調べた時のこと。 [ブライス]

思い起こせば、何年前だったか、思い出せないくらい前でした。

お友達が引っ越しの時、品物を整理して大切なモノを数点おくってくれました。

 

ウェッジウッド・ブループラム のお皿、フェイラーのスポーツタオル、ブライスさん2体。

 他は忘れてしまったけど、コレクションのお裾分けだったんです。

輸送箱に入ったブライスさん達は少しマニアックな空気を醸し出していました。

時々出しては、また箱にしまい輸送箱に入れ いつも身近なクロゼットの中に。

お友達は、他のドールも持っていてビジュアル系とでも表現したらよいのか美しいドールの写真を撮っていました。

私は、ブライスという名前を知ったものの、何年かはそれ以上増やす事はありませんでした。

ブライスには、ネオブライス・ミディブライス・プチブライスといった大きさ違いの種類があること。

輸送箱.JPG

 1972年アメリカのケナー社で発売されたものを

ヴィンテージ、それに対して今作られているのはレプリカという

言い方もあること。(これらはネオブライスのサイズ)

・・・・・・なにもしらないままでした。 

 

← 本体が入っている可愛い箱の後ろに置いた

  茶色い段ボール箱が輸送箱。この子はミディブライス。

 

ある日、ブライスの画像をPCでみて、カスタムブライスを

見た時、そのあまりの可愛さに驚きました。

 

カスタムしてみたい、でも大切な贈り物のブラちゃんは削れない・・・・・・「ブライス」は、どこで買えるのだろう?

そこからブライスについて調べたりヤフオクに手を出すことになり、カスタムしなくても可愛いことに気づき

いろいろな楽しみ方を知り、知らない間に数が増えていく事になりました。 

そしてラッキーなことに、保護者会でお隣になった方の待ち受けがブライスで、思わず話しかけて

ブライスの師匠にも巡り会ったのです。

たくさんにことを運んでくれるブライスさん、なぜその辺に売っていないかは

ブライスビギナー向け徹底攻略サイト☆ *はじめてのブライス購入

というサイトがとても分かりやすいです。 つづく


初めての和裁・・・ブライス用 [手芸]

DSC01312.jpg

着物を作ってみようと思い立ちました。

ストレスが溜まると何かを作りたくなります。 

まずは you tube の 「第77回 紙で着物を作ろう」 

(呉服屋さんが作っている番組)で、着物の構造に納得。

DSC01301.jpg 

 次に「和のドール・コーディネイトレシピ」という本を参考にいざ・・・・・

やさしいような難しいような、作るのが好きといっても

なんせ和裁洋裁は家庭科だけで、形になるだけでもバンザイです。 

DSC01321.jpg

足袋と草履は市販のモノ(オビツ製作所 足袋・草履セット) 

良く出来ています。

DSC01297.jpg 

帯と同じ生地で髪飾りのつまみ細工にも挑戦しました。

下手だけど仕組みは理解しました。 

 本の通りだと おくみ といわれる部分が初めから

一体化し、お端折りも縫ってあり、帯も作り帯です。

帯を結んで遊ぶのが好きなので

長い帯で「着付け」をしたいし、反物から作ってみたい。

六分の一の反物なんて、ないかな。 

DSC01306.jpg

作れるとは思っていなかったお着物、

なんとか着せられて嬉しいです。 


Windows XP 救出作戦 [生活]

 
横浜の会社だった工人舎も今や韓国の企業の傘下らしいですが、
いろんな媒体が使える白くて小さくて可愛い工人舎PCちゃん。
 
WindowsXPは一応のサポートが終わっているとのことで、 
 ネットにはつなげない・・・・・と思っていました。
 
この雑誌には、Windows10を買ってOSを入れ替える方法と、
お金をかけずに「ウブントゥ」という無料のOSをインストールする方法が
紹介されていました。
 
DSC01286.jpg
日経PC21 3月号 
 
いつも使っているPCではないので、無料にこしたことはない。
「ウブントゥ」に挑戦。 
雑誌には丁寧に、インスト-ル可能なPCの状態が
説明されていました。 
 
 64ビットCPU搭載モデルかCore2Duo以降のインテル製CPUなら
 問題なし。 
 工人ちゃんは32ビット
 ならばCPUがPAE対応かどうか・・・対応
 
 工人ちゃん、インストール可能です。
 
付録のDVDでウブントゥが作動できるかお試しし作動可能なら
いざインストール。
 
DSC01289.jpg
 
雑誌をみながらすすめていき、 
最後に、32ビットには日本語リミックス版が提供されていないそうで
言語サポートをインストール・・・・・・・
ほぼ上手くいったといえるのかもしれませんが、
 
困っているのは、 
ブラウザのfire fox が日本語になりません。
無線LANなら繋がるけれどWiMAXは駄目です。
 
PC側の設定?それは、どこからすればいいのかなあ。
fire foxはインスト-ルしなおせば日本版になるのかな?
と、まだまだ課題ありです。
 
立ち上げた時にXPを選べばXPも使えるので
今までのソフトも使えます。 
 
世の中の進化に伴って気に入っていたモノが使えなくなります。
白くて小さくて可愛い工人ちゃん、買った時はDVDをいれて
通信の勉強をしていました。持ち歩くのにも便利でした。
デコ電が流行っていて、ガラ系にたくさん飾りをつけていたし
このPCも買ったときの表面の保護用透明カバーをとらずに
キラキラを全面につけていました。 なんだか懐かしいです。