So-net無料ブログ作成
検索選択

夏瀬温泉 [温泉]

新年、成人式もすぎて急に寒くなりました。

いままで旅した所を書いておかなければ忘れてしまうと思って去年から書き始めてやっとアップです。 

温泉に行くときは、「一軒宿」に宿泊

一軒宿といっても お湯がよくて湯治部も併設している宿から豪華な宿まで多々あって、

たいていは山道を登っていくような場所にあり、宿の方にお迎えに来て戴く。

山道のあまりのこわさに 緊張で車に酔えない時や、

大人なのに夜中一人でトイレに行かれない宿もあったし(なんとなく怖かった・・・)

大雪で屋根が壊れて木っ端の浮かんだお風呂に入ったり、(入ってよけけばどこでも入る)

自分たち一組しか泊まっていない事も何度かあり、忘れられない思い出がいっぱい。

「一軒宿」の他に「予約が取りにくい宿」も夫のテーマらしく、 

予約がとりにくい・・・・・は、たいてい部屋数が少なく、だから予約もとりにくい訳かな。 

 12月初めに行ったのは、夏瀬温泉で贅沢な一軒宿でした。

DSC00888.jpg 

昨日までは降っていなかったという雪の中、角館に到着しました。

DSC00883.jpg

私は初めての角館、武家屋敷の岩橋家 ↑ というお家で語りをきいて

その後、寒いので撤退。 お昼を普通のレストランで戴いたけれど

おいしかった。鴨鍋や比内地鶏の料理だった。 熱燗であたたまった。

 私と違って東北は観光し尽くしている夫は、特に見たいところはないらしい。いつも・・・

観光より宿でのんびり派、夏瀬温泉「都わすれ」へ。

DSC00914.jpg 

ロビーの雰囲気もサービスも良かった。

一軒宿ではあるけれどひなびた感じではなく、おしゃれ。

ご自由にどうぞと置いてあるフルーツやコーヒー用の食器も素敵。

おかみさんの好きな物を年代にこだわらず使っているのであろう食器をみるのも楽しかった。

DSC00938.jpg 

 ↑ 部屋の露天風呂。ほかに大浴場と、残念ながらこの日から冷たくて入れなかった大きな露天風呂(貸し切り)あり。

DSC00930.jpg

 ↑ 朝食、何種類かお好みでの焼き魚がでてきたり、卵焼きなどをお好きなだけどうぞと選ばせてくれたり、

豪華な朝食でした。他に生野菜や生卵もカウンターにあり、お好みで。 

竹の筒はおいしい湧き水。酒ではありませんが、お酒も注文しました。

チェックアウト後は宿の車で駅まで送って頂き

米沢まで新幹線を乗り継いで、湯ノ沢温泉 時の宿すみれへ。

こちらは二度目、テレビがなく静かでぐっすりと寝てしまう宿。

部屋にお風呂はないけれど、大浴場と 貸し切り風呂2つ。

一軒宿で部屋数が少ない宿は、貸し切り風呂の予約で待つ事はあまりない。 

DSC00949.jpg

初めての時は、牛肉に感激したけれど

今回はそうでもなかった。時々の 仕入れが関係しているのか・・・・・

料理人が違うのか・・・・・・・ 

リピータは多いようで帰りに予約を入れている方がいらっしゃいました。

DSC00988.jpg

すみれは、若くて可愛いおかみさん。応援したくなります。

何より私にとっては深い睡眠ができるお宿です。